こんにちは  

です

誰もが大切にされる街を


 トピックス

速報 市民アンケート結果 「暮らし向き『きびしくなった』48.7%」 NEW !(2018年10月27日更新)

むとう葉子「9月議会報告」開催  NEW !(2018年10月27日更新)

まちづくりは住民が主役!!   NEW !(2018年10月26日更新)
 全国都市問題会議「市民協働による公共の拠点づくり」に参加 

市民の請願に賛成討論   NEW !(2018年10月26日更新)
 〜日本国憲法の第9条は世界の人々から高く評価されています!!〜 

8月9日、滋賀県野洲市を視察!! ようこそ、滞納してくれました条例
  〜 生活困窮者の自立への取り組み 〜 (2018年9月29日更新)

要求実現 !! 中町多目的広場に「青少年の広場」を設置(2018年8月5日更新)

東小通学路に横断歩道設置(グランシンフォニア戸田公園北側) (2018年8月5日更新)


国保税大幅値上げ決定! 日本共産党以外の全会派・全議員が賛成  
  年間39,900円アップ!(所得200万4千円の夫婦2人・子ども1人の3人家族モデル世帯)
  〜日本共産党戸田市地域新聞『民主戸田』2018年1・2月号外〜


母の言葉が私の原点です
 
 私の育った環境は、母子家庭で、母は小学校の教員をしていました。男女平等、女性の自立を教えてくれる一方で、自由にのびのびと私を育ててくれました。14年前に母は亡くなりましたが、「人生は楽しいもの。辛いことがあってもいいこともあるから大丈夫。」母の残してくれた言葉がその後の私の生きていく支えになっています。


現場での経験を力に
 
 衣食住の中で「食べることが一番大事」と栄養学の道に進み、栄養士として病院給食にかかわりましたが、人と接する仕事がしたいという思いがふつふつと湧いてきました。働く母の代わりに祖母と過ごしたゆったりしたやさしい時間が懐かしく、介護の仕事をしたいとヘルパーの資格を取り就職。仕事をしながら介護士、ケアマネジャーの資格を取りました。介護はその人が本来過ごしてきた生活の欠けてきた所をフォローするのが仕事です。現場での経験を力に今後は「地域福祉」についてもさらに取り組みたいと思っています。


みなさんの願いをとどけます
 
 我が子だけでなくどの子もかけがえのない存在。みんなが平等に育ってほしいと願っています。安心して子育てできる環境を。子育て支援に取り組みます。
 何よりも子どもたちの未来を戦争で押しつぶすような国にしたくありません。みなさんと一緒に手を携えながらみなさんの願いをとどけていきます。

 市議会議員

日本共産党戸田市福祉・子育て応援室長


【所属委員会】
●文教・建設常任委員会委員 ●議会運営委員会委員
●議会広報特別委員会委員

●蕨戸田衛生センター組合議会議員 


     




むとう葉子●プロフィール

1974年 東京都巣鴨生まれ
東京農業大学短期大学部栄養学科卒
同大学生物産業学部食品科学科卒
■栄養士を皮切りに川口診療所(介護士)、 代々木病院居宅介護支援事業所(ケアマネジャー)さくら福祉会訪問介護事業所(ヘルパー)
■2009〜2013年   仕事のかたわら地域でパン教室を開く
■喜沢南保育園保護者会会長、戸田第2小学校PTA役員、喜沢中学校PTA役員など歴任
■家族 夫と息子3人(高1、中1、小4)
■住所 喜沢南2−6−2
■電話  443−8332   Fax444−6531(蕨・戸田地区委員会)

■むとう葉子サポーターズ 
ホームページ: http://mutouyouko.web.fc2.com/
facebook: https://www.facebook.com/yoko.muto.750                   
twitter: https://twitter.com/VDmWnEunIbY5P3Z
メール: youko19430920@yahoo.co.jp

【活動区域】  喜沢、喜沢南、中町、下前、下戸田、川岸1・2

inserted by FC2 system